季節のお酒

『春』

*桃花酒
古代中国の故事に水に流れている桃の花を汲んで飲んでみたところ気力が充実して三百歳まで長生きしたとあります。「桃花酒」は諸病を取り払い、顔色を麗しくするといわれ「桃の節句」にぴったりの飲み物です。

*曲水の宴
中国から伝わってきた行事で、奈良・平安時代に三月三日の「桃の日」または上巳の日に朝廷や公家などの間で行われた年中行事の一つ。流れる水のほとりに座り上流から杯を流してその杯が自分の前を流れすぎないうちに、詩を作りながら杯をとってお酒を飲みそして杯をさらに下流に流すという風雅な宴遊の会です。京都では、伏見の城南宮で4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に「曲水の宴」を再現する行事が催されています。

*花見酒
京都・伏見で花見と言えば、太閤秀吉の豪華絢爛な「醍醐の花見」が有名ですが、現在では、月桂冠大倉記念館の裏手からスタートする「十石舟」のコースの岸辺に桜が植えられており、船上から眺める桜もお勧めです。また散り際には、水面を桜の花びらが覆い、桜の絨毯の中を船が進む様子が、絵になります。

*菖蒲酒
五月五日の端午の節句に、燗をしたお酒の中に菖蒲の茎を浸してに味わうもので邪気払いになるといわれてきました。

春のオススメのお酒

京姫 匠 純米大吟醸生貯蔵酒

1月に搾った純米大吟醸を少しだけ生のまま低温貯槽する事により、荒々しさが消えつつもフレッシュさが残ったお酒になりました。
円やかで飲みやすく、春にぴったりの純米大吟醸酒です。

招徳 京の輝き 特別純米酒

「京の輝き」は従来の原料米品種より大粒で収量が多く、仕上がったお酒は香りが高く、まろやかな味わいが特徴です。

京姫 天使のきまぐれ 白桃にごり

桃のジューシーな甘みと爽やかな酸味がとろける、コクのある白桃にごりです。甘くてコクのある味わいなので、ロックやソーダ割り、ミルクと混ぜると美味しく召し上がれる商品です。

玉乃光 備前雄町 純米大吟醸生原酒

備前雄町100%の純米大吟醸酒に、火入れをせず生原酒のまま瓶詰しました。蔵元でしか味わえなかった、新鮮かつ濃醇な味わいをお楽しみください。

黄桜 花きざくら 純米吟醸酒

「きざくら」という桜の花酵母を使ったお酒です。
「きざくら」の花酵母を使用した、華やかな香りの純米吟醸酒です。すっきりとした甘さで、アルコール分12度とやや度数を抑えたやさしい味わいです。